鉄道模型の運転士になれるコントローラー

鉄道模型

鉄道模型のコントローラーは別名パワーユニットとも呼ばれています。コントローラーを使用すれば鉄道模型の運転士になることができるので、鉄道模型ファンは使ってみましょう。このような製品はTOMIXやKATOから販売されているのでいくつか紹介します。TOMIXが販売しているコントローラーにはTCSパワーユニットN-DU204−CLというものがあります。マスコンハンドルとブレーキハンドルを装備している商品です。
本体は国鉄時代の電車で採用されていた電車台を模しています。
惰行運転や常点灯機能なども装備されているので、本格的なコントローラーが欲しい人に良いでしょう。

TOMIXはTCSワイヤレスパワーユニットN-WL10-CLという商品も販売しています。ワイヤレスを採用した商品で無線により鉄道模型をコントロールできます。また本体はセパレート式になっている商品でメインユニットとコントロールユニットを分離可能です。別売りにポイントコントロールボックスは再度コネクターに接続して使うことができます。ポイントコントロールボックスは無線操作ができませんが、3個以上のポイント操作を行えます。

KATOというメーカーでもコントローラーを販売しています。
サウンドボックスという商品を販売していて、サウンドカードを差し替えると車両から様々な音を出すことができます。車両への特別な加工も必要がないので初心者でも使いやすいでしょう。

KATOのサウンドボックスはスナップ端子と付属のジャンプコードを本体に接続するだけで、動作させることができます。またファンクションボタンは6つついていて、それぞれブレーキ音や汽笛などが割り当てられています。
本体には外部スピーカー接続箇所がついているので、列車の音を高音質スピーカーから出力することも可能です。

鉄道模型の王道